食事とカロリー

食事とカロリー

肥満する食事

グルメの恐怖

 

グルメと称する人の多くは、内心ではいつも肥満に対する危険を感じていて、心の中で「ダイエット」と「グルメ」がいつも喧嘩しています。あるいは既に肥満になっていて、生活習慣病からくる心筋梗塞や脳硬塞の恐怖にさいなまれていると言う人が少なくありません。

 

そんな非健康的な食事やライフスタイルを送るよりも、普段は低脂肪・高タンパクの食事を心がけておき、特別な時にだけおいしい食事を楽しむと言う方が、はるかに健康的で豊かな生き方であると思います。

 

ダイエット食は、何もダイエット中の特別な食事ではなく、健康を維持する為に普段から心がけるべき日常食なのです。肥満している人はみな普段から、脂肪、カロリー、塩分、糖分、コレステロールの高い「肥満する食事」をしています。ただ水分を摂るだけでも、ジュースやコーラなど糖分の入ったものになっています。

 

和食

逆に脂肪の付きにくい人は普段から脂肪の付きにくい食事をしています。野菜、酢の物、魚、ご飯など、日本人の伝統的な食事がそれです。

 

一般にグルメ食と言われる物は、残念なことに脂肪や炭水化物が多く、太りやすいものがほとんどです。私達は何故こういったものをおいしいと感じるのでしょう。原始時代に飢餓から体を守る為にカロリーを脂肪で蓄えるシステムをつくり上げてしまったからだと思われます。

 

しかし現代の日本人は飢餓どころか暖衣飽食に囲まれ、いつどこでも食べ物にありつける環境にいます。そこでは余分な脂肪を蓄える必要はなく、逆にそれが大変な重荷になってしまっているのです。

 

寒さしのぐための分厚いコートが、夏には邪魔になってしまうのと同じです。
普段からライフスタイルとして心掛けるべきダイエット食のポイントを、ここにまとめてみました。


低脂肪調理法のすすめ

脂肪は他の栄養素に比べ、はるかに多くのカロリーを持っています。

 

脂肪には1g当り9kCalのカロリーがあります。炭水化物やタンパク質は1g当り4kCalですから、脂肪は実にその約2倍以上のものカロリーを持っていると言うことになります。ですから低脂肪食はダイエットの基本になります。

 

特に調理用の油は出来るだけ使わないようにするべきです。そうして脂肪を制限しても、それが不足することはまずありません。何故なら脂肪は、食材にその70%が含まれており、調理用の脂肪は30%に過ぎないからです。

 

脂肪を制限するには、次のように調理法を工夫すると良いでしょう。

  • テフロン加工のフライパンを使い、炒め物にも油を使わない。

    (どうしても使う場合は低カロリー油にする。)

  •  

  • 牛肉や豚肉、魚をテフロン加工フライパンで調理する場合には、蒸し焼きの要領でふたをして焼くと素材が持っている油が染み出てくるため、油は必要ありません。また新鮮なレモンとともに、アルミホイルにくるんで焼けば油は必要ないです。
  •  

  • 目に見えている脂肪を肉や魚からすべて剥ぎ取る。
  •  

  • 卵は全卵よりも出来るだけ卵白を使用する。
  •  

  • 牛乳、ヨーグルトは低脂肪のものを使う。
  •  

  • マーガリン、バターは出来るだけ使わない。

    もしくは低脂肪のものにする。

  •  

  • 低脂肪のマヨネーズ、チーズ、クリームチーズなどを使用する。

    または使用しない。

 

食材選びのヒント

食材の中でも脂肪を沢山含んでいるものといえば、まず肉類が挙げられますが、しかし実際は、どの肉を使うかによって脂肪の量は大きく違ってきます。

 

食材150g中の脂肪、タンパク質、カロリー

 

脂 肪

タンパク質

カロリー

牛の肩ロースステーキ

42g

25g

500kcal

ヒレ肉ステーキ

17g

32g

240kcal

鳥のササミ

0.8g

36g

160kcal

肉を使うならば、できるだけ脂肪の少ないもの、例えば、牛ならモモ肉やヒレ肉を選ぶと良いでしょう。さらに、できれば牛や豚よりも、鳥のササミや胸肉、モモ肉などを選ぶことで、より健康的な肉料理を楽しむことが出来ます。

 

ミンチはたいていの場合、脂肪でかさを増やしていることが多く、低脂肪という表示がない限り使用しない方がいいです。

 

主食のパンとご飯、あなたはどちらがお好きですか?

 

ごはん

ご飯が110gで160kcal、パンが60gで160kcalです。パンの重量はご飯の約半分なのに、カロリーは同じです。

 

つまり同じ量ならば、ご飯の方がカロリーが少ないのです。もし、パンと、ご飯と、同じようにお腹一杯食べたとしたら、摂取カロリーは約2倍もの差が出て来ます。

 

ご飯よりもパンの方が太りやすいと言うことです。あなたがパン派ならば、あすからご飯に切り換える方が良いかも!
(パン屋さん、ごめんなさい。)

 

 

お電話でのお申し込みは 0744-29-6069 まで

注文代行ひまわり 0744-29-6069
  • 電話注文の際は、メモのご用意をお願い致します。
  • 現金注文をご希望の方へご送金先をお知らせ致します。
  • 商品のお届け先をお伺いいたします。
  • 発送手配完了などのお知らせメールをお送りしますのでメルアドを尋ねます。メルアドのスペル(アフファベット)をメモされているとスムーズに伝えられます。