ライフプラスのビタミンD 知っておきたい予備知識

ライフプラス ビタミンDの重要性

日光を浴びましょう

冬はDが不足しがちになる季節です。

 

ライフプラスのビタミンD&K

 

ビタミンDは体内で生成できる唯一のビタミンですが、ただ自然に作られるというわけではなく、生成するには皮膚に日光の紫外線を浴びることが必要です。

 

日照時間が短くなる冬の時期は、日光の紫外線量が減ってしまうため、ビタミンDの生成量も減ってしまいます。

 

冬場のビタミンD不足を克服するのに最も簡単で効果的な方法は、夏の間に太陽のもとで十分紫外線に当たっておくことです。日光に含まれるB紫外線が皮膚に当たると、皮膚細胞がビタミンDの合成を始めます。

 

しかし、有効な紫外線を吸収するという皮膚の役割を妨げる因子があると、ビタミンDの体内における合成量が減ってしまう場合があります。

 

この因子には、大気中のスモッグや日焼け止めクリーム、季節、緯度、時間帯などがあり、これらによって紫外線の吸収量が減ると、ビタミンDの生成量も減ってしまうというわけです。

 

日光を十分浴びることができないような場合には、ビタミンDを含む食品を利用するという方法もあります。

 

しかしながら、どんなにビタミンDを豊富に含む食品を食べても、短時間でも日光に当たることで体内生成されるビタミンDの量には及びません。

 

ですから、ビタミンDを豊富に含む、ニシンやサケ、マグロといった脂ののった魚や卵、乳製品、ビタミン強化シリアルなどを十分食事に取り入れた場合でも、健康のためにはサプリメントによる補給が必要と言えるでしょう。

 

ビタミンDの一般的な推奨摂取量は、以前と変わらず子供は200IU、大人は400IU、高齢者は600IUとされています。

 

しかしながら、近年では多くの医師やビタミンDの研究者たちが、一般に知られる推奨量とは比較にならないほど多量、すなわち1日2,000IUものビタミンDを摂取することが望ましい、と主張しています。

 

加えて複数の研究では、ビタミンDが心臓病のリスクを低下させる効果を持つ可能性があると報告されています。

 

より厳密にいえば、体内のビタミンD値の低下が、心臓病のリスクを高めることに関連があることが示唆されています。

 

また、体内におけるビタミンDの欠乏が、糖尿病やうつ病、肥満などと言った様々な病気を引き起こす要因になるということは、すでにまとまった数の研究によって立証されています。さらに、あまり知られていませんが、ビタミンDは免疫機能にも多大な影響を及ぼしています。

 

冬の期間、日照が減ると風邪やインフルエンザが流行するのはこのためです。ビタミンDには病気の予防以外にもさまざまな働きがあります。

 

ビタミンDは脂溶性なので、体内の脂質で構成されている部分、すなわち目や脳、神経などといった重要な臓器にも容易に行き渡ります。またビタミンDが骨の発育や強化に重要な役割を果たしていることは、すでに広く知られているとおりです。

 

その他の最新の研究では、運動とビタミンDの体内合成との関連が明らかにされました。

 

世界各国のデータを収集した結果、この研究者たちは体内のビタミンD値が高いと、運動能力が有意に向上するという結論に達したのです。この結果は、ビタミンDが全身の速筋繊維の充実と成長に関与していることを示しています。

 

ライフプラスのビタミンD&Kはコチラ


品番6041製 品 名価格(\)カート

ビタミンD&K
ポイント10.20
重量3オンス
1,900
数量 :

サプリメントについての注意事項サプリメントの注意事項
構造機能表示の記述はFDA(米国食品医薬品局)による評価を受けたものではありません。また、構造機能表示をもつ製品は、疾病の診断、処置、治療、または予防を意図したものではありません。
>>>サプリメントについての注意事項/詳細

お電話でのお申し込みは 0744-29-6069 まで

注文代行ひまわり 0744-29-6069
  • 電話注文の際は、メモのご用意をお願い致します。
  • 現金注文をご希望の方へご送金先をお知らせ致します。
  • 商品のお届け先をお伺いいたします。
  • 発送手配完了などのお知らせメールをお送りしますのでメルアドを尋ねます。メルアドのスペル(アフファベット)をメモされているとスムーズに伝えられます。